• Flying Start

働くことへの社会のパラダイムシフト

人手不足が続くにも関わらず、大手企業で定年前の退職を募る早期退職が増えている。この半年、上場企業では昨年の倍の8,000人との事。 経営不振による人員削減の一環として行うのはこれまでにもあった。しかし製薬会社など業績は好調だが成長分野に事業転換する為に人員構成の見直しを進める先行実施型が増えている。それと同時に年功序列型の賃金制度をみなおし、余裕のあるうちに中高年の転職を促そうとしている。

一方で、中高年方も人生100年時代を見据えた動きを取り始めている。40歳代で課長になれる人は10年前から、2割減っており、モチベーションを保って働く為に早期退職で、新天地を求める人も増えている。

政府としても中途採用の拡大に力を入れており、大企業の中途採用の比率の公開を求める方針とのこと。 中高年にしてみると、転職だけが選択肢ではなく、独立起業ということを視野に入れて一歩を踏み出す動きも出てくるであろう。昨今の副業への動きと相まって、長くなった人生をどう生きて行くか、働き続けるかここにも社会のパラダイムシフ動きが始まっている。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人類が直面する挑戦に対応する原則について

2020年5月23日 13:15 歴史家のアーノルドトインビーはすべての歴史は挑戦と対応という一言で表せると言っている。環境からの挑戦に対して、人間、制度、社会が対応していくという。そして、それが解決すると新たな挑戦が突きつけられ、またそれに人類が対応する。歴史はこれの繰り返しだと言っている。 一方、七つの習慣のコビー博士は、新しい挑戦に直面した時に、従来のうまくいった考え方ややり方で対応しようと

「エグゼクティブコーチ」という職業

「エグゼクティブコーチ」という職業が注目されています。 経営者は、新たな経営課題にスピード感をもって対応することが 求められています。 会社のトップ(社長、経営陣)と会社全体をコーチする仕事です。 経営者とともに、継続的に成果が出せる経営風土への革新を通じて 企業の業績を向上させる仕事 。それがエグゼクティブコーチとしての 仕事です。 サラリーマンが独立するうえで、長年の会社勤めで培った 知識や経